カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

プロポリスについて

プロポリスについて

プロポリスはミツバチが樹脂、香油、ゴム質を分泌する樹木の若葉や新芽、花粉を材料に自らの酵素を働かせて作りだす天然の食品です。 プロポリスの成分には各種ミネラル物質とともにフラボノイドなどが数多く含まれてます。
プロポリスは、日本では10年ほど前まで全くといっていいほど知られていませんでしたが、 プロポリスの歴史は古く、2300年も前に古代エジプトではミイラを腐敗させない為にプロポリスを表面に塗っていたそうです。 プロポリスの成分の酸化抑制作用や抗菌作用を利用したものと思われます。
現在ではこうしたプロポリスが注目され、 プロポリス製品は「天然の抗菌物質」として高い人気を博し、様々な商品が市場を賑わせています。

プロポリスの成分

◇アミノ酸
リジン、ヒスチジン、フェニールアラニン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、スレオニン、トリプトファン、アルギニン、チロシン、アラニンなど

◇ビタミン
ビタミンA、B1、B2、B6、E、葉酸など

◇ミネラル
カルシウム、鉄、銅、亜鉛、セレニウム、マンガン、マグネシウム、コバルトなど

◇フラボノイド
ケルセチン、グリシン、テクトクリシン、アカセチン、イサルピニン、ビニストロビン、ピノセンプリン、サクラチネン、イソサクラチネン、ビノバンクシンなど

◇有機酸
桂皮酸、カフェイン酸、オレイン酸、安息香酸、コハク酸、リンゴ酸、フマール酸、ソルビン酸など

ローヤルゼリーについて

ローヤルゼリーについて

ローヤルゼリーは乳白色のクリーム状で、甘さはほとんどなく、独特の香りと舌をさすような酸味があります。 ローヤルゼリーの成分には蜂蜜とは比較にならないほど多くのビタミン類、ミネラル、アミノ酸が含まれます。 ローヤルゼリーは約66%もの水分と残りの半分をタンパク質、三分の一が糖質、他脂質、ビタミン、ミネラルなどで構成され、高タンパクで様々な栄養素を含んでいます。また、プロポリスが巣を守るために生産されるのに対して、ローヤルゼリーは女王蜂の食糧として生産されるものです。 働き蜂と女王蜂は、実は同じ卵から育ちます。働き蜂はハチミツと花粉で育てられますが、女王蜂にはローヤルゼリーが与えられます。 女王蜂は働き蜂の3倍もの大きさになり、一日1,000〜3,000個の卵を産みます。また働き蜂の寿命が、開花期には約50日しかないのに比べ、女王蜂は3〜6年も働き続けます。食糧の違いが、体つきと働きの違いになるのです。

ローヤルゼリーの成分

◇ビタミン類
ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、アセチル、コリン、ビオチン、イノシトールなど

◇ミネラル
カリウム、ナトリウム、リン、カルシウム、マンガン、鉄、亜鉛、銅、マグネシウムなど

◇アミノ酸
リジン、フェノールアラニン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、スレオニン、トリプトファン(必須アミノ酸) アルギニン、ヒスチジン、チロシン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、アスパラギン酸、シスチン、タウリン、オキシプロリンなど

また上記以外に長命と関係のあることが研究によって明らかにされたパテント酸に富んでいる事も広くしられています。


ハチミツについて

ハチミツについて

はちみつはビタミンやミネラルを多く含んだ食品です。ミネラルにはカルシウムや鉄、カリウムといった現代人が不足がちな成分が多く含まれています。糖分は、血糖値を一定に保つ働きがありますから糖尿病の方にもおすすめです。。またはちみつの糖分は、多く摂りすぎても脂肪になりにくいのでダイエットされている方にもオススメです。

ハチミツの効能

花の種類によって、それぞれ、独特の香味と特徴を持ち、その成分はブドウ糖を主とし、 果糖の他、天然の各種ビタミン (B1・B2・B6 ・C・K・パントテン酸等)、 ミネラル(カルシウム、鉄、 カリウム、りん等)、酵素等を 含んでおり、そのままですぐれた栄養食品です。

ビーポーレンについて

ビーポーレンについて

ミツバチは花粉を採取した後、花粉を後ろ足で団子状に丸めて足につけて持ち帰ります。団子状にするときにミツバチは、自らの体内から分泌される酵素で固め「花粉団子」を作ります。このミツバチが作った花粉団子をビーポーレン(蜂花粉)と言い、酵素で固めてあるため腐ることはありません。ミツバチはこれをたくさん巣の中に貯め込んで女王蜂を育てたり、自分たちが冬越しするための餌とするのです。

ビーポーレンの成分

◇アミノ酸(20種類以上)
リジン、フェノールアラニン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、スレオニン、トリプトファン、アラニン、セリン等

◇ビタミン類
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンH、 ビタミンK

◇ミネラル群
カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、カリウム、マンガン、チタン等

◇酵素
アミラーゼ、ジアスターゼ、サッカラーゼ、ペクターゼ、カタラーゼ等

◇その他成分
フラボノイド、フェノール酸、ブドウ糖、クロセチン、プロリン、シスチン、アラニン等

ビーポーレンの効能

ビーポーレンには他の食品よりも高い鉄分とたんぱく質が含まれ、それに加えビタミンAとB、カルシウムも含まれているため体の活力を保つのを助けます。

ローズヒップについて

ローズヒップについて

ローズヒップとは英語で"ばらの実"を意味します。単一の植物としては非常に高い栄養価と多数の栄養成分が含まれています。中でも総ビタミンCを安定した形で多く持っているため、長期貯蔵にも十分耐えられます。これらの特性によりローズヒップは総合的健康食品として現在注目されています。またローズヒップには、ペクチンというお湯で簡単にゼリー状になる物質が含まれています。このペクチンには関節の稼動を潤滑にしたり、コラーゲンの生成を助けるといわれています。

ローズヒップの成分

ビタミンC:942mg(レモン約20個分)
リコピン:25mg(トマトの約8倍)
カルシウム:913mg(牛乳の約9倍)
鉄:7.30mg(ホウレン草の約2倍)
マンガン:4.36mg(ワカメの約2倍)
βカロチン:4000IU(トマトの約18倍)

(ローズヒップ100g中)